HOMEプロフィール走行会メンテ/DIYムービー掲示板ブログ写真集リンク

≪ スーパートラクション仕様? | Main | トヨタ スープラ HV-R ≫

2007年11月07日
 ◆ 次世代ハイブリッドスポーツ!
カテゴリー:車全般

LF-Aは次世代リアルスーパーカー。

次世代のスポーツカーはこうなる?
ハイブリッドFRスポーツ、FT-HS 「Future Toyota Hybrid Sports」

FT-HSは、3.5リッターV6+電気モーターの後輪駆動ハイブリッド・システムを搭載した2+2スポーツ。パワートレーンはレクサスGS450hのものがベースだが、システム合計出力の目標は400hpに設定し、GS450hの345psからさらにパワーアップすることを想定。この結果、革命的な加速性能により0~96km/h加速は4秒台になると予測している。
 ボディサイズは全長4325mm、全幅1860mm、全高1290mmでポルシェ・ボクスターより60mm幅広いくらい。ホイールベースは2650mmで、ちょうどBMW1シリーズくらいだ。
 デザインを担当したのは、CALTY(北米トヨタデザインスタジオ)。日本人の企画担当者を中心として、20代~30代前半の若手アメリカ人たちがデザインを行った。ボディ全体はアメリカンデザインを基調としたが、結果的に「J(日本の)ファクター」を自然ににじませることに成功した。
 21インチのホイールをはじめ、前後バンパー、ルーフにカーボ ンファイバー素材を採用し、空気の流れと空気抵抗考慮して描き出した「エアロコーナー」と呼ばれるボディフォルムとあわせてスポーツカーに相応しい空力特性の最適化と軽量化を実現している。
 ルーフは電動で後方にスライドして、通常リヤシートが設置される部分に収納される仕組みで、ユニークなオープントップシステムを採り入れている。まさしくトヨタが21世紀のスポーツカーの可能性と方向性を提案したモデルなのである。

エコロジーブーム&このところの原油高。
トヨタのハイブリッド戦略は抜け目ないっすね~

斬新なデザインのホイールはカーボンファイバー製。
タイヤサイズはフロント245/35R21、リヤ285/30R21。


性能はともかくかなり好みなデザイン♪



数年後にはF1マシンもハイブリッド化されるとか。
更なる速さを求めてモーターチューン?
チューニングの世界も、『タービン交換』に変わって『モーター交換』が普通になる日も近い?

投稿者 春道@管理人 : 2007年11月07日 17:16

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.harumichi-room.com/cgi-bin/mt/mt-toratora.cgi/275

 コメント

1: 投稿者 ジュン市 HOME : 2007年11月07日 19:33 [RES]

モーター交換の方が楽そうですね。
でも、この調子で電気自動車化が進むとガソリンエンジン車の
未来は無くなりますね。
遅かれ早かれ、訪れることとは言え寂しいですね・・・。


2: 投稿者 春道@茨城 HOME MAIL : 2007年11月07日 21:49 [RES]

>>1 ジュン市 さん
いずれ消えゆく運命なのでしょうかね、、>ガソリンエンジン
哀しい気もありますが、その頃にはモーターの回転音『ウィーン』が格好いいと思える時代になってるかも!?


 コメントする




保存しますか?

コメントスパム対策のため、上記の認証コード入力(半角数字)をお願いします。
リンク(URL)入りの投稿は承認するまで未公開 (保留) になる場合があります。

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

Copyright(C) 2006-2021 harumichi All rights reserved