HOMEプロフィール走行会メンテ/DIYムービー掲示板ブログ写真集リンク

« 2009年08月 | Main | 2009年10月 »

 1 | 2 | 3 |全部読む
2009年09月28日
 ◆ バブルの遺産!?
カテゴリー:車全般

オクで解体パーツを漁ってたら~~
思わぬマシンが出品されてるし!
幻のTRUST GReddy RX!?


http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e96637511

----出品者のコメント----
余りにも有名である幻のTRUST GReddy RXは、1990年各自動車メーカーからチューニングメーカーまでが競い合う様に最高峰のチューンドR32GT-Rを開発した。その中でもカリスマ的存在であるこのRは最高速を始めゼロヨン、サーキット走行と全ステージ制覇を狙って完成したスーパーチューニングカーである。

雑誌やビデオ等でも紹介されている通り、桁外れのマシンである為、細かい詳細はここでは紹介致しません。逆に知らない方のご入札はお断り致します。

車両は当時様々なテスト、取材、展示会等で使用されたままの状態で、少し手をかければ直ぐに動きます。

本当にこの車の価値を分かる方のみご質問下さい。

*形式はE-BNR32改

ホンマモンかなぁ!?
最落価格も気になるけど出所の方が気になるかもww

この機会にお一ついかが?( ̄ー ̄)ニヤリッ

投稿時間 : 18:12 個別ページ表示 | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年09月27日
 ◆ ディフューザーの小細工w
カテゴリー:DIY

5月に一旦挫折したのがコレ↓
ディフューザー下面のストレートフィンと翼端フィン計画。

ecoな?プラスチックのL型アングルを購入したので小細工開始w

ストレートフィンは路面クリアランスを考慮し20×20を選定。
240円/本(1820mm)

カッターナイフで簡単に切断・加工が可能。
角度をならし~


二列に仮置き。


ビス留めはクラッシュ時のパンクが怖いので強力両面でペッタンコ。


ストレートフィン設置完了~



同じく翼端フィンの施工。
こちらは少し大きめな25×25のアングルを使用。
でももうちょっと大きめでも良かったかな。



さ~~早くテストしたいな~~

投稿時間 : 21:46 個別ページ表示 | コメント (9) | トラックバック (0)

 ◆ 慣らししゅーりょー
カテゴリー:GT-R

今日も涼しく作業日和だったので~~
昨夜シフト周りから立ち上がった白煙(&強烈なオイル臭)の原因調査を決行。
恐る恐るブーツをめくると、、、
やっぱりオイルまみれだし(; ̄Д ̄)


でもブーツをまじまじとチェックしても破れはないんだよなぁ、、

オイルが多く付着してるのはリバース時に上下するこのちっこいブーツ部分なんだけど、、、
ブーツ自体は問題ナッシング。。。


うーむ、どこから噴出するのか確認出来なきゃ対策のしようがない。。。

取りあえず拭き拭きキレイキレイして~~


各部タイラップで補強し気休めの対策を、、、、、



でその後街乗りで慣らしの旅の続きを。
回してないせいかでオイル臭も僅か。ってやっぱり匂いって来るし(; ̄Д ̄)

回すと狼煙が上がる?のでゆっくりと100キロ程度流しトータル500キロの慣らし終了!
69,063km
クラッチも滑り無しジャダー無しフィーリング良しで言うこと無し♪

決まらないのはオイル臭、、、参ったなぁ。

投稿時間 : 21:40 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年09月26日
 ◆ スピードモニター・プラス4015に交換
カテゴリー:GT-R

ファイナル変更によりスピードメーターが10%低く表示されるようになって、、、
特に不具合はないのだが、直線番長仕様wとしては常にホントの速度が知りたいなとww
そこで補正機能のある永井電子のスピードモニタープラス4015をゲット。

Osamyさんスペシャルの4000に別れを告げ、、、、


配線作業開始。
車速信号線を差し替え、新たに回転信号線も接続。
№4010/4015基本配線

交換完了~


電源を入れて初期設定。
車速パルスの設定はいつもの『2』に。
で今度のは回転信号のパルス?も設定せないかんらしい。
でもそんなの知らないし。で試行錯誤で『6』にしたらビンゴでした♪

そして今回のメイン、速度補正値の設定。
データシートを目標に+10.0%に設定。

早速某テストコースに持ち込みチェック開始。
まずは目視で3速3000回転で55キロを確認。
補正前は50キロだったからちゃんと10%補正されてるw
そして更に回転を上げての確認に。4速、5速と踏んでいく。さすがに目視不能~
そこでスピードモニターのピークホールド機能の出番だ。
すると5速7020回転で217キロと出た。
上のデータシートでは7000回転で216キロ。かなり正確じゃね?
データシートが狂ってたら元も子もないわけだがww

そして回転数ワーニングの設定。
設定した回転になると、ブザー&赤い照明に変化して警告してくれる。
シフトランプと同様8000回転に設定した。

最後に、オイラ的に一番ポイントが高かったこと。
ICメモリーが搭載されバッテリーをカットしても設定がリセットされなくなったこと♪
今までのは毎度パルス設定してただけにめちゃスマートになりやした(^o^)/


PS、
久しぶり(4月のFSW以来)に全開したら設定ブーストまで上がらなくなってるし。。
1.4設定が1.1~1.2。まだ気温が高いから??

そしてそしてトランスファーオイルが気化して車内が煙モクモク~~!!くっせーー
さすがにどっかおかしいぞ!?
色々チェックしないと~~(^^;

68,942km

投稿時間 : 22:46 個別ページ表示 | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年09月23日
 ◆ マシンチェックと慣らしを少々w
カテゴリー:GT-R

オイラには関係の無かった大型連休だが、本日時間が取れたので軽くRネタを。
先日駆動系を見直ししてからというもの、、、、
クソ重いATSトリプルと飽きっぽい性格から慣らしが一向に進んでおりやせん(^^;

とにかくクラッチだけでも軽くせなとても乗る気にならん!
と言うことで、多版クラッチには御法度という噂?のビッグオペを人柱覚悟で投入してみた。

選んだのは信頼のニスモ製。(クラッチホース共に)
オペシリ品番 30620-RSR40 (プル式用)
メッシュホース品番 46211-RS581 (BNR32プル式用)

スポーツクラッチのペダル荷重軽減、半クラッチ時の操作性向上、クラッチ繋がり位置の適正化のため、シリンダー径を3/4インチ(φ19.05mm)から13/16インチ(φ20.54mm)に拡大したオペレーティングシリンダーです。標準品よりペダル荷重を14%軽減できます。
踏んだ瞬間ペダルの軽さに驚く!14%ってこんなに変わるのね。
OSトリプルよりも若干軽いくらいか。 これなら街乗りもラクショー♪

そして懸念のクラッチの切れ。
ミートポイント共に若干奥に行ったが問題無く切れている模様。
あとは全開シフト時にキチンと切れるかだがそれは慣らしが終わった後のお楽しみw


そしてクイックシフトに馴染めず純正シフトに戻したンスが、、、


それからか車内にオイル臭が漂うように、、、、
どうもトランスファー系の匂いっぽい。。
ブーツが切れてるんかな?とめくってみると、、、


やっぱりこれか、、、


取りあえずオイルを綺麗に拭き取り、各部をチェック。
しかしブーツ関係は問題は無いっぽい?
シフトレバー周りの補強にタイラップを二重に巻いて様子を見ることに。

そして試乗&慣らしの旅に♪


オイル臭は若干治まったかな?
でもまだ匂うなぁ~~長時間ドライブはキツイかも(^^;

そうそう、ミッションは中古のゲトラグをそのまま載せたんですが4速が若干引っかかるかも?程度で全く問題なし。
純正シフトもカチカチ感はないものの自然なフィールで気持ちが良い。

そしてギヤの繋がりが良いせいかクルマが軽く感じる。
前期ドアで15キロ程は軽くなってるけどそれよりギヤ比の恩恵が大きそう。
もうピュンピュン回転が上がるカンジ♪

取りあえず慣らし310キロ走破。
あと200キロくらいでデフはOKかな
68,837km


クラッチはどうすんべw

あ、いつの間にやら、、、、

サテライトスイッチのLEDが、、、、、
次々と死滅、、、

他のも時間の問題か?
慣れないもんに手を出すものじゃないッスね(^^;

投稿時間 : 22:50 個別ページ表示 | コメント (13) | トラックバック (0)

 1 | 2 | 3 |全部読む
Copyright(C) 2006-2021 harumichi All rights reserved