HOMEプロフィール走行会メンテ/DIYムービー掲示板ブログ写真集リンク

≪ 30アルファード 純正電動サイドステップ装着 | Main | バックミラーの純正戻しとキズ消しWAX ≫

2021年05月04日
 ◆ 連休恒例の機材メンテ、 メタルソー編
カテゴリー:仕事

連休恒例の?
工作機械のメンテ記録。

今回のネタは連休前に中古で仕入れたメタルソー切断機(385mm)
バンドソーがあるんだけどチト精度に欠けるんで前から欲しかったのです。



切断作業は問題無しも、回転台と移動バイスの動きが渋く切り粉の残りが酷い状況。
まずは外せる物の洗浄作業から。





長年に渡って強固にへばり付いた削りカスのケレン作業。



切削液のタンクを覗くと端材や切り粉の山。。。
送液ポンプが逝くのも時間の問題なので徹底的に撤去。
写真は無いけど本当に酷い状況でした。

これだけ溜め込むには原因があるはず。
本体の固定ボルトが一本潰れてタンク上部が外せない為に掃除をしたくても出来ない状態でした。

結局ダストトレイの隙間から工具を使いながら少しずつ少しずつ掻き出しました。
今回のメンテの大半はこの切り粉の掻き出し作業でした。。
なんとか潰れたボルトを抜き替えないと・・・


そして、屑が無くなりきれいになったタンクを水洗い洗浄。



ドレンプラグを戻そうとしたらネジが効かなく・・・
シールテープで無理に押し込んでいた模様。

ということで新たなドレン溶接。



ヘドロで真っ黒だった切削液のレベルゲージを掃除してたらパキッと・・・
で、最近お気に入りのボンディックUV接着剤で補強修理。



元のパッキンは悲しい状態なのでシールテープぐるぐる巻き&コーキング処理で対処。



水溶性切削液(20倍)を充填。Hレベルで約13リットル入りました。
視認性バッチリ。すぐに汚れると思うけど・・・



グリスアップしたバイス類を元に戻し、



メンテ完了~
全塗装してないから変わり映えしないけど、ハンドル操作も軽くかなり蘇りました☆



試し切りも良好!


こちらも長く活躍して貰いましょう♪


5/16 追記

ギヤオイル交換を実施


劣化してくさいくさい、、、
1.3リットルくらい入ってました。



抜いたついでに全く機能してなかったレベルゲージをお掃除



用意したオイル
ISO VG 320番
使用期限 短すぎ・・・



オイル注入



ゲージも機能しました。
ちょい入れすぎました(^^;



あと欠品の削りくず除去のホイールブラシをセット。
純正サイズが不明ですが外径φ38穴径φ10厚み13mmのを付けたらイイ感じでした。


以上(^^)ノ

投稿者 春道@管理人 : 2021年05月04日 15:06

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.harumichi-room.com/cgi-bin/mt/mt-toratora.cgi/1237

 コメント

 コメントする




保存しますか?

コメントスパム対策のため、上記の認証コード入力(半角数字)をお願いします。
リンク(URL)入りの投稿は承認するまで未公開 (保留) になる場合があります。

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

Copyright(C) 2006-2021 harumichi All rights reserved